やる気というものなど存在しない

最近やる気が低下している。

読書をする気、部屋の片付けをする気、ダイエットをする気など、さまざまやりたいことがあるが、なかなかやろうと思わない。

もう何十年も前の話になるが、私にも受験勉強をしていた時期があった。そのときもなかなかやる気が出なくてこまったものだ。

受験勉強だけでなく、中間テストや期末テストの勉強にしても、やる気が出なかったことを思い出す。

 

しかし、最近なにかで読んで知ったのだが、やる気というものなどもともとないらしい。人間のなかにやる気というものがあって、それによってなにかをする気が起きるわけではなく、なにかを始めるとそれによって続きをやりたくなるらしい。

つまり物事を始めることによってその気になっていくということだ。

 

だから何かやらなければいけないことがあったら、まずは体を動かさなければならない。ちょっと体を動かすことによって、その気が起きるわけだ。

 

「やる気がない」というのは私の勘違いに過ぎない。まずは、そのように認識を改めなければいけないようだ。

そして、まず体を動かす、そういう習慣を身に着けなければなるまい。