人間は地球に君臨する王様である

最近、「進撃の巨人」をみている。シーズン1から見始めたので、まだまだゴールまでの道のりは遠い。

映画化された人気のアニメなので知っている人も多いと思うが、あるとき地球に巨人があらわれて、人類が生きていられるところは壁の内側のみになってしまうという話だ。

巨人は人間の姿をしているが、その生態は謎に包まれている。生殖器がないのでどうやって増えているのかもわからないし、食物は人間のみのようだ。

人間が食べられるという設定なので悲劇が起きる。アニメの初っ端で主人公の母親が巨人に食い殺されてしまった。ほんと残酷すぎる。

 

食べる側と食べられる側がいる、それは、自然界では当たり前のことだ。ところが人間は地球上では王様のごとく君臨しているので、食べられることなど考えられない。

逆に人間は地球上の多くものを食べるし、生物を殺す。食べられる側の気持ちなど考える人は多くない。

冷静に考えると、人間はとても残酷な生き物なのだ。

 

巨人が生きるために人間を食う。それは生きるために他の動物を殺して食べる人間と同じことだ。しかし、人間は許されるが巨人は許されない。

 

現実の地球上では、人間様はエライ。人間様に歯向かうやつは命を落とす。

 

だから、食べられるものの気持ちなどわからない。また荒らされている地球のことなど全然わからない。

もう少し、人類は謙虚にならなければいけないなぁと、なんとなく思う今日このごろである。