ネガティブだと言われた話 2021-08-02

職場で一緒に働いている外国人スタッフが私のことをネガティブだと評価した。物事を悪く捉えがちだからだ。

 

きっかけは、会社から送られてきた書類だった。それは会社の規定に関するものだったのだが、勝手に書き換わっていて内容がおかしかった。

それを見た私はただちに怒り、文句をぶちまけた。ところがその外国人スタッフは、ただちにその書類がまちがっていると言った。

すぐに怒る私と、楽観的な外国人スタッフ、あきらかに反応がちがう。すぐに怒る私はものごとをネガティブに捉える正確だと言うのだ。

 

なるほどなぁと思った。

正直、私はポジティブかネガティブかと聞かれたらネガティブだ。将来に対する希望より絶望のほうが勝っているし、なにか言われるとすぐに悪いほうに捉えてしまう。褒められても素直に喜べないところもあったりする。

それが私の性格だ。

 

さて、どうしたものだろうか。いまさらこの性格を変えることはできない。おそらく私はこのままネガテイブでいつづけるだろう。

でも、まあ、しょうがない。にんげんだもの。

 

ここは開き直って、ネガティブだけど、楽しく生きる方法を見つけることにしよう。